TX1

モーティブ

RG数値がやや高めになっている”Thrust Core”は、最大限の前進力でピンに突き進みます。基本的にエネルギーロスしにくい設計で、リアクションが終わる事なく曲がりが得られます。またΔRG0.052がフレア幅を広げ、直進力の中にも、柔らかいバックエンドリアクションを得る事が出来ます。 コントロール性能に長けていてピンに当たりながら力強く通過するのが最大の魅力です。
AD