Rankseeker

アイキュー ツアーGT

競技ボウラーから非常に高い評価を得たあのIQツアーパールを再現。「IQツアーGT」は、そのブレイクポイントまでの走りとコントロール性の高いバックエンドモーションが最大の特徴!

カバーストック R2Sパールリアクティブ
コア セントリピタル・コントロール・コア(C3)
RG 2.49
ΔRG 0.029
硬度 7476
表面加工 4000グリット・アブラロン
ブラック・クリムゾン・シルバー
コンディション M
発売日 2018年9月1日

レビュー

転がりながら走り、奥での動きも読みやすく、扱いやすいボールです。

Skid PhaseLength(スキッド長)

7

Hook PhaseTraction(噛み具合)

5

Hook PhaseSharpness(フック加減)

5

オイルの少ないコンディションやトーナメント後半に使えそうです。IQシリーズの中では一番メリハリが出るように感じました。

Skid PhaseLength(スキッド長)

8

Hook PhaseTraction(噛み具合)

4

Hook PhaseSharpness(フック加減)

6

ストームの人気シリーズの一つIQ!今回のIQツアーGTは、よく転がりながら、持続的にしっかりと曲がります。

ミディアムオイルコンディションで活躍してくれそうなボールですが、表面加工次第ではもっと多くのコンディションに対応してくれそうです。

Skid PhaseLength(スキッド長)

7

Hook PhaseTraction(噛み具合)

7

Hook PhaseSharpness(フック加減)

7

5×4×3でドリル。長いスキッドから、シャープなバックエンドが得られます。

IQシリーズと言えば扱い易い緩やかな動きが特徴ですが、このボールはバックエンドの動きもしっかりと見え、シリーズ中ではシャープに感じました。

曲がり幅は大き過ぎず、小さくもなく、扱い易さは健在です。スピードの無い女性の方や、高回転ボウラーにもオススメできます。

Skid PhaseLength(スキッド長)

8

Hook PhaseTraction(噛み具合)

3

Hook PhaseSharpness(フック加減)

4