Rankseeker

ウェブ ツアー エディション

このボールの開発にあたり、アグレッション同様のトラクションながらも、ブレイクポイントで過敏に反応する事を抑えた新素材カバーストックを新たに開発しました。ディファレンシャルを更に下げた対称形コアに、この新開発素材を合わせる事で、トーナメントレベルのプレイヤー待望の究極に終わりのない持続的曲がりを実現したボールが完成しました。

カバーストック TourV1
コア SpheriodTE
RG 2.470
ΔRG 0.030
硬度 7577
表面加工 1000 グリットアブラロン
ネイビー
コンディション M
発売日 2018年11月

レビュー

ボールの進化とともに進化するレーンコンディションは、近年多彩になり、その攻略には様々な性質のボールが必要です。そこで登場したのが「ウレタン素材」の復活です。

そのウレタンの動きに物足りなさを感じる時に重宝するのが、この「ウェブツアーエディション」です。

程よいスキッド感と安定した転がり、収まりの効くアクションは、ウレタンの少し上のポジションとしてもってこいの逸品です。

Skid PhaseLength(スキッド長)

7

Hook PhaseTraction(噛み具合)

5

Hook PhaseSharpness(フック加減)

3

今までのHAMMER社になかった数値、ポジションのボールです。材質も特殊な能力が備わっていて、オイルの中で滑りにくく、ドライゾーンで過激な反応をしないようになっています。

曲がりすぎず程よい動きで、とてもコントロールしやすいボールです。箱出しの状態はかなり粗めの表面仕上げに見えますが、その粗さからは想像できないスムーズな走りと動きをします。

Skid PhaseLength(スキッド長)

5

Hook PhaseTraction(噛み具合)

7

Hook PhaseSharpness(フック加減)

4

Skid PhaseLength(スキッド長)

7

Hook PhaseTraction(噛み具合)

5

Hook PhaseSharpness(フック加減)

5
ボウリングのことならサンブリッジ