Rankseeker

ポイズン

ブランズウィックにより培われた2ピース構造の極みとして誕生し、今年の夏に世界中を真っ白に染め上げたあのカンタム・バイアス™の脅威は記憶に新しいことと思います。 そのカンタムシリーズにより証明された2ピース構造の生み出す圧倒的な破壊力とボールパフォーマンスをついにDV8が新たな第1歩となるTHICK SHELLテクノロジーとして確立した「ポイズン™」が登場いたします。 2ピース構造にするため全く新たに作成された高い慣性モーメントをもつ「トキシティ」と銘打たれたコアは、カンタムコアと同様に重さによって形状を変化させており、どの重さにおいても一定のボールパフォーマンスを生み出すように設計されています。
また、カバーストックにおいても新たな粒子構成で作成されたコンポジット系素材「トキシン-R」カバーストックを採用し、オイルへのグリップ力の強化を図るだけでなくコアの持つ優位性を失わないように絶妙に調整されており、十分な直進力に加えバックエンドでも非常に大きな動きを実現しております。 トータルの曲がり幅としましてはカンタム・バイアス™をさらに大きくしたようなイメージといっても過言ではございません! シンメトリックコアでありながら、ハッキリとした曲がるイメージを体感できるというだけでなく、使い手を選ばないという最大の利点がこの「ポイズン™」にはございます。
いかにもDV8らしいカラーリングとパフォーマンスはブランドイメージを一新するかもしれない可能性を含んでおり、実際に投球したテスタープロ達からも非常に高い評価を得ており、パフォーマンス・コントロール性・ピンアクションすべてを兼ね備えています。 次世代への一歩となる「ポイズン™」で是非、THICK SHELLテクノロジーを体感してください!

カバーストック トキシン-R
コア トキシティ
RG 2.564
ΔRG 0.054
硬度 7375
表面加工 500マイクロパッド,1500
ハロゲンイエロー
コンディション M,MH
発売日 2018年12月

レビュー

色はとても派手ですが、動きは大人しくて扱いやすいボールです。

DV8では初のツーピースということで、高慣性でありながらも転がりは良く、ピンアクションも非常に良い印象です。

Skid PhaseLength(スキッド長)

6

Hook PhaseTraction(噛み具合)

7

Hook PhaseSharpness(フック加減)

5
ボウリングのことならサンブリッジ