Rankseeker

コード・ワン

コードシリーズ最新作『コード・ワン』は「RAD4」コア本来の最大特徴である「少ない回転数でもバックエンドのシャープなキレを持つ」ボールに仕上っています。

搭載された多孔性の極めて高い[R4Sパール]カバーがレーン手前から中盤にかけて直進力を持ち、オイルパターン終了地点でのいかなる摩擦にも確実に反応し、曲り出しを安定させ、キレるボールにありがちな“暴れすぎる”マイナス面を極限まで減少させ、扱いやすさにも突出した製品に仕上がっています。

また、昨今増加している両手投げやローダウンなど極端な角度からボールを戻すアグレッシブなプレイヤーに限らず、自信を持って深くインサイドに入る為に必要な十分なトルクも兼ね備えている為、心強い味方になってくれるでしょう。

爆発的ヒットを記録した前作『コード・エクストリーム』に続き、ピンアクションは激しいの一言です!

カバーストック R4Sパールリアクティブ
コア RAD4コア
RG 2.500
ΔRG 0.058
硬度 7375
表面加工 1500グリット・ポリッシュ
チェリー/パープル/プラチナ
コンディション M,MH
発売日 2019年11月

レビュー

コードシリーズでは初のR4Sです。
強いカバーでもこの切れを再現出来るのはコードだけ、安定した走りと強烈な切れはコードワンだけ。

Skid PhaseLength(スキッド長)

7

Hook PhaseTraction(噛み具合)

7

Hook PhaseSharpness(フック加減)

9

走りといえば…コードシリーズですが、鋭くキレがまた増大しました。インサイドから幅を取りたいときには欠かせないです!

Skid PhaseLength(スキッド長)

7

Hook PhaseTraction(噛み具合)

7

Hook PhaseSharpness(フック加減)

9
JPBA WOMEN'S ALL☆STAR GAME 2020
コード・ワン 【CodeOne】 /STORM
コードワン『CODEONE』を1ゲーム投げたら凄いことが分かった。切れすぎ注意。