Rankseeker

クリティカル・コード

CODEシリーズの最大特徴は、日本人の多くのボウラーが抱える回転数不足を補い、ストレスなく軸移動を起こし、コアの方向性でパフォーマンスが変えられる事です。
オイルに強いカバーストックを被せてもレーン手前では直進性が得られ、中盤からの軸移動は大きいがブレイクポイントから無理なく大きく曲がる為、「ラインイメージが取りやすい」と様々なタイプのボウラーに支持されています。

新作【クリティカル・コード】には1500グリットポリッシュでフィニッシュされた新開発[NRG-3パールリアクティブ]カバーを被せ、手前をスムースに通過しながらもブレイクポイントを一定なものにするために必要なミッドレーンでのコントロール性を格段に向上させています。

他の非対称コアよりもより大きな入射角そしてピンを破壊するパワーを作り出し、規格外のトルクを生み出す[RAD4]コアとの最新鋭のコンビネーションを持つ新作【クリティカル・コード】は、[NRG-2パール]カバーの「コード・エクストリーム」より軌道の安定性が高く、前作「コード・ワン」よりオイルの濃淡には過敏ではなく、あなたのレベルをさらに押し上げるのに必要な製品と言えるでしょう。

カバーストック NRG-3パールリアクティブ
コア RAD4コア
RG 2.500
ΔRG 0.058
硬度 -
表面加工 1500グリット・ポリッシュ
レッド/イエロー/ブルー
コンディション M,MH
発売日 2020年5月

レビュー

新カバーのNRG-3を搭載することにより新たなコードが出来上がりました。曲がり幅は大きく、終わることなく曲がり続ける安定したボールです。

Skid PhaseLength(スキッド長)

6

Hook PhaseTraction(噛み具合)

7

Hook PhaseSharpness(フック加減)

9

ボールカバーが強めのパール系のため、キャッチしながら走って、先での動きはコード系らしいキレを感じられます。中盤では大活躍してくれそうです。

Skid PhaseLength(スキッド長)

6

Hook PhaseTraction(噛み具合)

5

Hook PhaseSharpness(フック加減)

7
プロショップ国大最大級の品揃え