Rankseeker

パララックス

ストーム社がまた世界を震撼させます!

中心部分に楕円形状の穴を開け軽量のコアマテリアルを通過させることで慣性モーメントを高くし、Z軸上に戦略的に窪みを配置することでバランスホールと
同様な効果を生み、より少ない力でボールの外側に遠心力がかかる様に設計された新開発「エアロフロー」コア。手前は滑る感覚がありますが、中盤から後半でのスムーズな転がり感は従来味わった事が無い程の安定性を発揮します。カバーには、過去ストーム社が開発してきた中で評価の高い[TX-16]の耐久性、「R2S」のバックエンド、そして「SPEC」の遅めのオイル吸収速度、これらすべてを兼ね備えた「トラクションX7ハイブリッド」を初搭載。

例えるなら、遺伝子に組み込まれた衰えの無い汎用性を持った最新鋭カバーというところでしょう。レーン変化に対応し易く、バックエンドでの曲がる角度が少なく感じても目を見張るようなピンアクションをもたらしてくれるでしょう。是非とも、世界発売の最新作【パララックス】でストーム30年の凄みを感じてください。

カバーストック トラクションX7ハイブリッドリアクティブ
コア エアロフローコア
RG 2.520
ΔRG 0.054
硬度 -
表面加工 1500グリットポリッシュ
マリーン/スティール/ブラック
コンディション MH,H
発売日 2020年8月

レビュー

コア、カバー共に最新作。
スパットまではあまり転がる感じはないがレーン中盤から終盤にはとても良い転がりをみせてくれます。しかし、バックエンドは転がりを重視しているため切れる感じはなく、扱いやす商品になってる

Skid PhaseLength(スキッド長)

6

Hook PhaseTraction(噛み具合)

6

Hook PhaseSharpness(フック加減)

6

新カバーの「トラクションX7ハイブリッド」はスキッドは感じるもののキャッチの強さを感じ、オイルの中でも安心してラインをとる事が可能です。
バックエンドは動き幅は出せるもののキレ過ぎず扱い易さを感じます。
ピンアクションもとても強いボールです。

Skid PhaseLength(スキッド長)

6

Hook PhaseTraction(噛み具合)

8

Hook PhaseSharpness(フック加減)

7

バランス規定改正に伴い開発されたコアです。見た目のポリッシュのイメージとは異なり、レーン中盤の転がり感が強く感じます、それに伴いキレすぎる感じがないので安定した転がりを持続してくれるので幅広い時間帯で使えます、前進しながら転がる感じは今までにない不思議な感じもしましたが信頼感は抜群です。

Skid PhaseLength(スキッド長)

7

Hook PhaseTraction(噛み具合)

8

Hook PhaseSharpness(フック加減)

7

レーン手前での動きがとても安定しています。そのため、フッキングまで運びやすく、ポケットに集めやすいボールです。コンディションも選ばず使えるボールです。大きく曲がる人、小さく曲がる人関係なしに好まれるボールです。

Skid PhaseLength(スキッド長)

6

Hook PhaseTraction(噛み具合)

4

Hook PhaseSharpness(フック加減)

4
ボウリングのことならサンブリッジ
パララックス【 Parallax 】/STORM